利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの効果を徹底検証!生写真で染まらない原因とに染まるコツも

利尻ヘアカラートリートメントの効果

野菜でも今は有機栽培やスローフードなど体にいいといわれるものが好まれますね。髪に使うものも同じです。

なるべく刺激のありがちな化学薬品などを使っていない天然素材のものがいいですね。

利尻ヘアカラートリートメントの効果で評価したいところが、天然成分がメインでノンパラベン・ノンジアミン・無香料ということで、頭皮ダメージのある人や敏感肌で白髪染めができないかも・・と心配している人でも安心して使えることです。

自宅で入浴前に簡単に白髪が染めることができてずっと安心できるというのが実に嬉しいんです。しかもおしゃれ感覚で使えるところに私はほれぼれしています。

コスパもいいから、40代くらいから白髪が増えてきたという女性には絶対おススメなヘアカラートリートメントです。

利尻ヘアカラートリートメントの効果は?白髪を染めた前後

まずは、利尻へアカラートリートメントの効果として、実際に白髪を染める前と後の写真を紹介します。

利尻ヘアカラートリートメントの効果

え?本当にヘアカラートリートメントでこんなに白髪に色がしっかり入るの?って疑う人もいるかもしれませんが、管理人はもう1年に1回くらい美容室で白髪染めをする程度です。

特に最近はショートヘアーが多いため、白髪も目立たないので、オールシーズンで白髪用のヘアカラートリートメントで通してしまっているので、現在は白髪染めずに2年目に入りました・・美容室でも驚かれています^^

お風呂に入る前に簡単自宅で白髪ケアできて髪も健康的にサラサラヘアーなのでいいですよ!

利尻ヘアカラートリートメント 公式ページ

※ヘアカラートリートメントは、髪を染めるためにジアミン系の化学薬品を使っていないので安心です。でも不安な人はパッチテストで確認しましょうね。

利尻ヘアカラートリートメントの効果的な使い方は?

「シャンプー後に、水気をよくきり、白髪部分にたっぷりと染料をなじませ。10分程度置いたらしっかりとすすぐ。」というのが通常のヘアカラートリートメントの使い方ですが、この使い方では、初めて使う人では白髪が染まりにくいので、違う使い方を提案します。

    初回でも白髪にしっかり色が入る使い方

  • 入浴前の乾いた髪に利尻ヘアカラートリートメントの染料をしっかりと塗る。
  • 塗り終わってから15-20分程度放置します(初回は30分がおすすめ)。
  • 入浴してシャンプーをし、色水がなくなるまですすぎ、トリートメントは基本的に不要。

※注意として利尻ヘアカラートリートメントを白髪に塗るときは洋服についてしまったら、少し色が落ちにくいため、汚れてもいいような黒色の服に着替えて行うのがおススメです。

利尻ヘアカラートリートメントの色選びの注意点

利尻ヘアカラートリートメントは4色あるので色味の効果を試せますが、一度に4種類のカラーを注文することができないので、どの色を選ぶべきか迷いますよね?

色の特徴を実際に使った感想を含み紹介します。

    利尻ヘアカラートリートメントの色効果

  • ライトブラウン:明るい茶色でメッシュっぽく染まるのでおしゃれ
  • ナチュラルブラウン:自然なアッシュブラウンで素敵
  • ダークブラウン:白髪が多くても少なくても使いやすい茶色
  • ブラック:地毛が黒色なら良いが重め

普段の白髪染めをどのように染めているか?によって似合う色が変わるので、初回購入では無難な色としてダークブラウンを選び、2回目以降にライトブラウンやナチュラルブラウンに変えてみたり、っていう購入をするといいでしょう。

私は、白髪が多いので、ウィービングでいろんな色のブラウンに染めているからナチュラルブラウンを好んで使っています。

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンの効果は?人気色の理由も

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンは、2017年の12月くらいに新しく発売されてそれ以来かなり人気のカラーで染めた効果が素敵です。

それまでは利尻ヘアカラートリートメントのブラウン系の色味は、ライトブラウンかダークブラウンのみで、どうしても自分の髪色に合わなくて困っていた人にとって救世主的な色味でしたね。

最近は芸能人でもメッシュやグラデーションを使っていろんな色に染めていて白髪染めでもとってもおしゃれなんですよね。

ブラウン系でも複雑な色味で白髪染めしている人におすすめなのが「ナチュラルブラウン」で、実際に使ってみると同じブラウンでももう少し薄くてアッシュ系ブラウンになるので、使う人の髪色によって、複雑な色味になり楽しめるんですよ。

その人の髪色によって染まり具合がいろいろ変わるというのは、利尻ヘアカラートリートメントの効果としてはぜひ試したいものですよね。

単色で染めるのでは、なんとなくつまらない。同じ茶系でも微妙な色味で染めるとかなりオシャレに染まります。

人気のグラデーションカラーは、数種類あります。

参考:メッシュの白髪染め

利尻ヘアカラートリートメントの色落ちと染める頻度

まだ利尻ヘアカラートリートメントを使い始めて1年未満のときは、髪になじんでいなかったのか長持ち効果はあまりなくて、利尻ヘアカラートリートメントで染めてからちょうど一週間目になるとしっかり白髪が見えてきてしまっていました。

白髪とのコントラストがハッキリしすぎて恥ずかしくてそうなる前にいつも染めていたので、定期的に毎週、週末に利尻ヘアカラートリートメントで染めていました。

しかし、使い始めて2年目になると、利尻ヘアカラートリートメントの効果はもっと染めもちがのびているように思います。

これは髪がヘアカラートリートメントに馴染んでいるというのもあるかもしれませんが、なかなか色が抜けなくなっています。

そんなわけで、出かける機会がないと2週間は放置してしまっていて、3週間目にやっと利尻ヘアカラートリートメントで染めるという感じなので、効果が長持ちしているので、美容院で染めるのと変わらないペースになっています。

利尻ヘアカラートリートメントの効果がない?が乾いた髪にも色が入らない?

利尻ヘアカラートリートメントを何度使っても色が入らない、ぜんぜん染まる効果がわからない、という人がたまにいますが、私自身がそうでなかったので、ちょっと状況がわかりません。

しかし、利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に塗って使っているのに色が入らないという原因は実はあります。

    ヘアカラートリートメントの効果なし?その原因は?

  • 健康な髪はヘアカラートリートメントで染まりにくい
  • ダメージ髪はヘアカラートリートメントで染まりやすい

以上の2点が言えるため、元々ダメージ気味の髪質の人のほうがすぐにヘアカラートリートメントの色が入るということを知っておくと納得できますよね。

特に生え際で生まれたばかりの健康なしっかりとした髪はヘアカラートリートメントの色が入りにくいという現象があるため、しっかりめに塗る、放置時間、あたため、など工夫が必要でしょう。

キューティクルが開いていない

美容院の白髪染めもおしゃれ染めもだいたい、キューティクルを無理やりこじあけてその隙間に染料を入れるのでしっかりと染まりますが、ヘアカラートリートメントはそれができないので、健康な髪だと色がなじみにくいというのがあるんですね。

HC染料と塩基性染料

ヘアカラートリートメントで主に使われている染料です。これは新しく開発された染料ですが、どちらもほんの少しキューティクルの隙間をあけて色を入れることができるため、何度か使っているうちに色が入りやすくなってくるのです。

なかなか色が入らない!という人は、繰り返し使い続けるとだんだん染まりやすくなってくるというのがこの理由なんですね。

利尻ヘアカラートリートメントの効果もこの染料を使っているから染まりやすくなり、はじめて販売された当初ではまだ使われていなかったので染まりにくいという口コミが多くありました。

シリコン入りのヘアケア製品

普段からシリコン入りのシャンプーやリンス、ほかヘアケア剤を使っているとヘアカラートリートメントの色が入りにくい、なんていわれるけど、実際はどうなんでしょうか?

髪をコーティングしてしまっている効果があり、そのために髪になじみにくいということなのです。

でも、実際に私はシャンプーはノンシリコンアミノ酸系シャンプーを使っているけどトリートメントにシリコンが入っているのを使用しています。

それなのに、ちゃんと染まっているので、これも髪質との兼ね合いかもしれないので、断言はできませんね。

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンの染め効果は?実際に使った口コミ紹介!

まずは白髪の状態を写真で紹介してその後に染めたあとの写真を見ていただきますので、その効果を比較してくださいね。

白髪

次はもう少し白髪が多いところを紹介します。。。。

白髪の多いところ

そして利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンを使って染めてみました。その翌日の効果はこちらです~~

利尻ヘアカラートリートメントの染め効果

先ほどのめくって白髪が大量にあった部分を染めた利尻ヘアカラートリートメントの効果も写真付きで紹介しましょう。

利尻ヘアカラートリートメントの染め効果

初回限定1000円引き!
利尻ヘアカラートリートメントがお得

天然成分を使っているからと言って絶対安心というわけではありません。使ってみて少しでも異常を感じたら無理に使い続けずに電話やHPからの問い合わせなどしてみましょう。
適格なアドバイスが受けられますよ。